膝蓋骨脱臼の診断を受けたルナと私たちは、この言葉を1年待っていました!!

スポンサーリンク
怪我

ルナの足が膝蓋骨脱臼と知らさせて

去年の春頃、階段を登って急に『キャン』と鳴いて足を上げていた💦

あの時は何が起きたのか分からなくて、病院へ連れて行ったものの分からず💦痛み止めを飲ませる日々m(__)m

ルナに何が起きているの⁇

通い付けの主治医から他の病院を紹介してもらい、専門の先生に診てもらったらすぐに膝蓋骨脱臼と診断された(´゚д゚`)

そこで膝蓋骨脱臼について説明を受け、ドッグランはもちろん

お散歩もトイレが終わったら帰るようにと制限が厳しかったけど😭

ルナはまだ1歳で成長途中の為、今が勝負だったの!

この成長する段階で、骨がどぉ支えてくれるかによって今後が決まるから💦

もし、上手く成長してくれないと最悪手術に( ;∀;)

何でルナが⁇

って何度涙したか😭いや、ルナ自身が1番辛いはず💦

自分の身体に何が起きているのか分からないけど、違和感はあるみたい!何度も膝を咥えたりしてたから(*_*)

手術をすれば、手術痕は残るけど走ったりする事が出来る様になるらしい

だけど・・・出来る事なら手術は避けてあげたい‼︎

だから今は、遊びたい気持ちも我慢してもらうしかなかったの😭

もちろん、私たちもメチャクチャ気を遣った‼️悲しんでる場合じゃない!

ルナの為に走り出そうとすれば、押さえ付けて💦

階段の上り下りは、飼い主が抱っこ!危なそうな所や足に負担が掛かりそうな時も抱っこ(;’∀’)

もちろん他のワンちゃんとすれ違えば、挨拶したいし遊びたい!!って、そんなアピールするルナを抑えて我慢させてきた

このやり方がベストだったのかは分からないけど、ルナの足を良くする為

これ以上悪化させない為にも、こぉするしか無かったんだ(´・_・`)

診断から半年以上が過ぎリハビリに?!

はじめはこんな感じで、お散歩もほとんどしていなかったんだけど

やっぱりストレスはもちろん運動不足にもなるし、体重も増えてこれこそ足に負担が掛かっちゃうから💦

痛がる様子も無さそうだった半年以降からは、お散歩の時間を延ばすことに☆

お散歩中、リードを短く持って走らない様ゆっくりと・・・途中、休憩もはさみながら

これを繰り返してた日々

さすがにくつろぎすぎでしょ?!(^^;

お休みの日にはリハビリになるかもと思って、プールにも行ってみた(*^▽^*)

が・・・リハビリどころかプールは苦手みたいだった!笑

川の浅い所で歩かせてみたりして、少しづつ体力や筋力をつけるようにしたのと気分転換にもなればストレスも緩和されるかな?!と思ってね( *´艸`)

ご飯も少し減らして、おやつはほとんどあげなかった(´;ω;`)

ご飯の後にガムはあげてたよ!歯の健康管理?☆笑

1年間、我慢をし続けた足の診断結果は?

膝蓋骨脱臼と診断されて、そろそろ1年が経つ・・・

半年以上は痛がっている姿を見ていないけど、ルナの足の状態はどぉなっているの??

良くなってる?それとも変わらず??

そろそろ病院へ行って足の状態を診てもらおう!!

最近は、お散歩の時に他のワンちゃんとも遊べて体重も少しづつ落ちてきたの(*^_^*)

お腹も引き締まった様に見えるし

いざ病院へ☆彡

恐る恐る診察台に乗せ見てもらった結果

少しづつですが、ドッグランへ連れて行ってあげてもいいんじゃないでしょうか』と嬉しいお言葉を(*ノωノ)♡

ただし、まだ油断は出来ないから

ちょっとづつ無理のない程度に運動をさせて体重をあと2~3kg目安に落とし、足に負担をかけないようにする事!!

ドッグランも短い時間で様子を見ながら遊ばせてあげる事!!

まだまだ制限はあるけど、今まで頑張ってこれたからこれからも頑張れる(^O^)

再発しない為にもいまだに気は抜けない!!

だけど、今まで我慢してきた分取り返していっぱい遊ぼうねルナ🐕

myukku Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.

コメント

タイトルとURLをコピーしました